HILLEBERG/ ケロン4GT

¥195,800

ヒルバーグ社が最初にケロンを紹介したとき、その最高の耐久性と優れた耐風性、広い室内とそのシンプルさゆえに、極地遠征に標準的に使われるテントとなりました。これらの特徴により、このテントはあらゆるアウトドア愛好家にも好まれています。実際、山岳ガイド、森林レンジャー、捜索救助隊、軍の特殊部隊などの「専門家」も含まれます。どのような状況でも機能し、長年の使用に耐える、非常に丈夫で、しかも重量が比較的軽い。そうしたテントを望む人たち、例えば、ファミリー、ハイカー、そして「一般の」ユーザーにとってもケロン4は非常に素晴らしい選択肢です。

サイズ

ケロンの歴史
Keron(ケロン)テントは、間違いなくヒルバーグ社を代表する製品です。1981年、ケロンテントを開発した際、インナーとアウターを接合することで同時設営を実現しただけではなく、シリコンコーティングによる非常に頑丈なアウターテント布地を導入しました。この際使用された布地の強度は今日使用されているものと比較しても僅かにしか劣りません。この初期ケロンは、今日のケロン、そしてヒルバーグ社の全てのテントに変わらずに求められる厳しい製品水準に基いて設計されました。 広い居住空間、入口が2つある設計、設営の容易性のため、ケロンは僻地を旅する人びとに愛用され、大きな成功を収めました。その後すぐに、入口が1つの設計であるナマッジが開発されました。ナマッジはケロンと同様の強度と設営の容易性を持ちながら、より軽量で、またコンパクトなフットプリントを備えていました。この間、創設者のボー・ヒルバーグは犬ソリを使った冬季旅行に出ており、彼の友人は犬ソリ旅行に適した、長い前室を備えた手作りのテントを使用していました。即座に犬ソリとの併用に実用性を見出したボーは、1つの前室が標準の長さ、もう1つの前室が長く設計されたケロン GTの前身となるテントを考案したのです。続いて、1つだけ長い前室を持つナマッジ GTが開発されました。装備を短時間で大きな前室に収納できる設計であるこれらのテントは犬ソリ旅行者にすぐに人気になりましたが、その他にも林業、軍事用、極地探検など、装備が重要となる活動の従事者にも選ばれることになったのです。 設計面ではケロンの外観は開発当初からほとんど変わっていません。インナーテントの入口を垂直に、またウォールをほぼ垂直に設計することで、テントの構造で可能な限りの使用可能空間を確保しており、これは当初から変わらない点です。最新のファブリックやその他の素材と技術を取り入れることで全体的な耐久性を高め、また設計を新しい素材に適したように常に更新していきました。その過程で、ケロンテントが市場のトンネル型テントの中で最も優れた製品であるために欠かせない細部を疎かにすることは決してありませんでした。ケロンテントはヒルバーグのあらゆるトンネル型テントの基本形です。それにはもちろんブラックレーベルのケロン GTとナマッジモデルも含まれますが、レッドレーベルのカイタムとナロモデル、イエローレーベルの中ではアンヤンモデル、そして広義にはレッドレーベルのアクトと、イエローレーベルのエナン1人用テントの基礎でもあります。これらのテントは全てケロンの遺伝子を引き継いでいるのです。それは垂直の入口、ほぼ垂直のサイドウォール、広い前室、そして最も重要な重量と耐久性のバランスと究極の信頼性が体現しています。

付属品/アルミポール( φ10mm)368cm×4本、ペグ( Yペグ)×22本、スタッフバッグ、ポールバッグ、ペグバッグ、スペアポールセクション、リペアスリーブ
重量 : 最小重量(総重量)/4.6kg( 5.5kg)
収容人数 : 4人用テント

最近チェックした商品